サングラスをどんなときに使うのか

サングラスを購入するときには用途に応じて正しいものを購入することが目の保護に効果がありますし、安全性から見ても効果があります。そこでまず、考えなければいけないのがどんなシーンで利用することが多いかです。自動車を運転するとき、スポーツをするときなどサングラスを利用するシーンは様々です。さらにスポーツと言っても野球なのか、スキーなのかによっても利用するサングラスが変わります。汎用性のあるものも多いですが、安全性を考えるのであれば、用途を考え、正しいサングラス選びをしましょう。

光を防ぐ量と視認性は反するもの

サングラスというと黒いものをイメージするかもしれませんが、光をできるだけ通さない暗いものを利用すれば、目を保護することはできますが、視認性は低下します。車の運転1つとってもトンネルが多いところを頻繁に走るトラックドライバーと日中の街中を走るドライバーでは必要になるサングラスは変わります。

安全を意識したサングラス選びも重要

スポーツをする人がサングラスをするときには視認性も大切ですが、もう1つ安全性も重要になります。サングラスは、レンズ部分がガラスとプラスチックがあります。また、フレームの部分も金属製とプラスチック製があります。スポーツをする場合、転倒を伴うような危険性があるスポーツであれば、ガラスレンズや金属フレームのものは自分自身が怪我をする可能性があります。サングラスを購入するときにはデザインを重視して購入する人がいますが、安全面の配慮も忘れないように考慮しましょう。

サングラスは用途によって機能が変わります。海のように光の反射が強いところでは、光を強く防ぐ機能を持つものが必要になります。